定温輸送の必要性とは

スーパーなどで遠隔地からの食品や商品を見かけることがあります。
遠く離れたところから輸送されていても、品質を疑うことなく購入していることがほとんどですが、それを可能にしているのは、定温輸送での配送があるからです。
定温輸送とは、一定の温度を維持したままで貨物を輸送することです。
すぐに思いつくのは、アイスクリームや食品の運送を依頼するときにつかう冷凍や冷蔵などの低温での輸送ですが、中温や常温での輸送も行われています。
例えば寒冷地では、凍らせたくない品物を、外気より温度を上げて運送することもあります。

定温輸送が必要な貨物は、温度を保たなければいけない野菜や鮮魚などの生鮮食品、冷凍食品、乳製品などの食料品があげられます。

他には医薬品や写真用のフィルムなども輸送の対象となっています。

定温輸送に有効なサイトの紹介です。

また、ワインを適温を保って輸送して欲しいといった依頼もあります。



温度を管理しなければならない商品は、定温輸送をすることによって品質を保ち、消費者の手元に届けることが出来るのです。
輸送に使用されるのは、断熱パネルが使用されている輸送車や保冷コンテナなどです。トラックやコンテナによっては温度設定が可能なものもあり、外気を遮断して温度を保ち、温度が変化することで起きる品物の劣化を防ぐことが可能です。適温を保って運送することはコストがかかりますが、劣化によって商品価値が無くなってしまうことを考えると、必要な措置と言えるでしょう。