保冷剤の用途とその原材料について

保冷剤は主に夏などの暑い時期に、生ものなどの食品類が腐敗してしまうことを防ぐための薬剤で家庭などでも身近に存在します。

保冷剤情報の公開中です。

保冷剤の用途には食品類の保存の他に、熱が出た時や火傷した時、熱中症の予防などで人体に当てて使用されることもあります。冷凍庫に凍らせることで凍結した状態で用い、長時間使い続けていくと常温に近い状態になりますので、その状態になったら再度、冷凍庫に入れて凍らせる必要があります。



クーラーボックスなどに入れて用いると良く、クーラーボックス自体が熱を逃しにくい構造を持っているため、保冷剤を長時間、冷凍し続けたままの状態になります。

そこに生ものなどを入れて置けば、冷たい状態を保てるため、運搬などにも最適です。



保冷剤の原材料は99%の水と高吸水性樹脂、水が腐るのを防ぐ防腐剤、形状を安定させる成分も配合されています。

何度も繰り返し使うことができるとして経済性にも優れ、氷などよりも形状が安定しているため、詰めやすい魅力もあります。
一方、人体に使用する場合には、凍結したままの状態だと皮膚が凍傷してしまう恐れがあるため、タオルやガーゼ巻いて用いるのが一般的で、熱が出た時や火傷した時、打撲などで冷やす必要がある時に使用します。

もっとも最近は人体に使う保冷剤には冷却ジェルシートもあり、冷やさなくてもひんやりするタイプも存在します。
猛暑日などで熱中症で倒れてしまう事故も毎年起こりますが、それを防ぐ方法としても人体に貼り付けるタイプも見られ、家庭でもよく使用されています。